【今日のトレンド】就活セクハラ

こんにちは、エナベル水戸駅南で就労移行支援を受けているKです。

NHKで、就活セクハラについて特集されたそうです。

「今からラブホに行こう」「一晩だけ我慢すれば大企業に入れるよ」…。
就職活動中の女性たちが、企業の採用担当者に言われたということばです。
職を求める弱い立場に置かれた学生が受ける“就活セクハラ”。
注目を集めるきっかけとなったのは、ことし春、女子大生がOB訪問中に相次いで強姦ごうかんなどの被害に遭った事件でした。
取材すると、企業のセクハラ対策が進んできたにも関わらず、就活生が“蚊帳の外”に置かれ、加害者が野放しになっている実態が見えてきました。(おはよう日本ディレクター 蓮見那木子)(NHKおはよう日本よりhttps://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2019/11/1121.html

就活生という企業に入っていない弱い立場にある女性を狙って行われる「就活セクハラ」は、とても卑劣な行為だと思いました。

就活セクハラには遭っていませんが、就活生だった頃面接で落ちまくりで…採用担当者さんには苦手意識があります。(全部落ちて、結局アルバイトになったという苦い思い出)

でも、就活セクハラなどをする採用担当者などのいる企業は、入ってもろくでもなさそうな感じがします…採用担当者がまともじゃない企業は多分まともじゃないと思う。

就活生の人生を狂わせる行為をセクハラという言葉で片づけるには生ぬるいと思うし、加害者は性犯罪者と同等に罰されるべきだと思います。

就活生が、これ以上被害に遭いませんように。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です