【ヘルスケア】自分と向き合えるアプリ「Awarefy」

どうも、就労移行支援を受けているMです。

何か心身を癒せるアプリはないかなあと探していたら、感情を可視化できる良いアプリを見つけました。

 

 

自分の感情を「見える化」してセルフケアを。早稲田大学発アプリ「Awarefy」

あなたはストレスを感じた時、どのように対処していますか?

みなさんは普段ストレスを感じたとき、そのストレスにどのように対処しているだろうか?

友達に話を聞いてもらう人やSNSに呟く人…これまで自分なりの方法でストレスを対処してきたことだろう。

しかし、これらの方法には少し限界がある。話を聞いてくれる友達がいつも暇とは限らないし、SNSに呟けば不特定多数の人に自分の考えを批判されるかもしれない…。

もし自分の感情をいつでもどこでも吐き出せて、その感情を客観的に分析してもらえる場所があれば…。

…あります。その名も「Awarefy」(アウェアファイ)

アプリで自分の感情が「見える化」できる!?

「Awarefy」とは、早稲田大学人間科学学術院の熊野宏昭研究室が、データ分析・活用に関する企画等を行う株式会社Hakaliと共同研究のもと開発された、心のセルフケア・アプリだ。

熊野宏昭研究室では、精神医療と身体医療の双方に臨床心理学を適用し、マインドフルネスやアクセプタンスを含む「新世代の認知行動療法」によって、短期間で大きな効果を上げることを目指した研究などを行っている。

このアプリは主に3つの機能が搭載されている。

1つ目は、日常生活で自分が感じたことの記録やふり返りを手伝ってくれるチャットボット(自動会話プログラム)機能。

方法としては、SNSアプリで友達とメッセージのやり取りをする感覚で、感情や考えを記録することができるようになっている。

2つ目は、チャットボットの記録を元にした「感情レポート」が毎週アプリ内に届けられる機能。

こちらは週に1度届けられ、自分でも知らなかった考えや感情の傾向に気づくきっかけを与えてくれる。

3つ目は、ストレスケア効果に注目の集まるマインドフルネス瞑想に取り組めるオーディオガイド機能。

こちらはゆっくりと深呼吸をして呼吸を整えることで、ストレスを和らげたり集中力を高める効果が期待できる。

他にも自分の心の働きについて学べるコンテンツも多数配信されている。

ついつい忙しさから自分自身を後回しにし、自分の感情と向き合う時間なく1日が終わってしまう方も多いだろう。

しかしこちらの「Awarefy」で朝と夜の記録を行う内に、自然と自分に目が行き、自分をいたわる時間を持つことができそうだ。

気持ちを言語化する大切さ

私は実際にこのアプリを利用してみて、続けやすく便利だなと感じた。

全ての機能が非常にシンプルで、毎日記録する作業がまったく苦にならない。

また今までは嫌なことがあった時、その感情だけに目を向けがちだったが、出来事も記録するため自分を客観視することができる。

 利用するうちに、どのような人が利用しているのか気になったので、Twitterで検索すると精神疾患のある人がクリニックなどで勧められて利用していることも多いとわかり、さまざまな場面で役立てられているようだ。

いつも感情に振り回されて疲れてしまう、嫌なことをずっと考えてしまう…そんなあなた。

この機会に、これまで蓄積されてきた自分の感情や、凝り固まった考え方の癖を「Awarefy」で整理し、自分自身と向き合ってみてはいかがだろうか?

【引用元】http://hotozero.com/column/wasedauniv_awarefy_psychology/

 

 

私は瞑想から芋づる式に調べていったら、このアプリを見つけました。

試しに導入して記録してみたところ、ポジティブとネガティブがどのくらい割合を占めているのか、どんな感情がどのくらい割合を占めているのか、グラフで表示されるので分かりやすいですね(*^^*)

がむしゃらに殴り書きするのも良いですが、ネガティブ感情がどのくらい占めているのかパッと見でよく分かるので私は受け止めやすいです。

臨床心理学を採用しているというのもあってか、かなり信頼できるアプリだと思います。

自分がどんな感情を抱えているか分からない、という方は是非利用してみてください(^^♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です