【スピリチュアル】「もう頑張れない」と思った時

どうも、就労移行支援を受けているMです。

皆さんは自分の限界まで頑張ったことってありますか?

 

頑張れない人がクズではない3つの理由【スピリチュアル視点】

あなたは人生を頑張っているでしょうか?

この世界に生きる殆どの人は、生きる為に何らかのことを頑張っています。

しかし一方で、「どうやっても頑張れない」という人もいるのが事実。

そこで今回はその、「頑張れない人は本当にクズなのか?」というテーマで記事を書いていきます。

結論から先に書いておきましょう。

頑張れない人はクズではありません。むしろ、凄い人の可能性が高い!

ということになります。

まだまだ僕も、頑張りすぎてしまう人の一人。

もう少し人生勉強が必要だと言えるでしょう。

では、具体的に記述していきます。

心も体も疲れて頑張れない人は沢山いる

今、日本国内では、毎月「1,500人程度」の方が自殺をされています。

つまり、もう生きているのが嫌になって、心も体も疲れ果てて、肉体の崩壊を自ら選ばれた方です。

1,500人が多いと見るか少ないとみるかは人それぞれですが、毎月目の前から1,500人もの人がいなくなることを想像すると、かなりショックな気もします。

つまり極端に言うと、「自分は頑張れないクズだから、人生には満足しない」と考えている可能性がある人が、それくらいいるという事です。

自殺をされる方もそうでしょう。

「自分は頑張ったけどダメだった、、頑張ろうとしてももう頑張れないクズなんだ、、」と思って自殺をする。

日本人だけでもそうなので、世界中を見渡すともっと多くの、「心も体も疲れて頑張れない人」は要るのではないでしょうか?

でも、本当に「頑張れない人はクズ」なのでしょうか?

次項で、「頑張れない人 =クズ」ではない理由をまとめてみました。

頑張れない人がクズではない理由

早速、頑張れない人がクズではない理由を見ていきましょう。

その理由を簡単に書くとこんな感じです。

・今まで頑張ってきたから

・限界になった時に叶うから

・最低まで落ちたら上がるしかないから

という、3つの理由から、「頑張れない人はクズではない」と言えるでしょう。

では、それぞれを具体的に解説していきます。

頑張れない人がクズではない理由①今まで頑張ってきたから

頑張れない人がクズではない理由の1つ目は、「疲れ果てて頑張れない人は、今まで散々頑張って来た人」です。

今のその人の環境では、これ以上頑張る事は不可能なのです。

ということは、そんな「もう頑張れない人」は裏を返せば、めちゃくちゃな頑張り屋さん。だとも言えるでしょう。

頑張り屋さんが 「クズ」 だとあなたは思いますか?

きっと誰も、頑張り屋さんや努力家の事を「クズ」だとは思えないでしょう。

だから、頑張れない人はクズではありません。

ただ、、

人生に疲れているから休憩が必要

なだけです。

休んで自然の中に身を浸すだけで、間違いなくまた「頑張れる人」になるでしょう。

僕も仕事に疲れて急に「頑張れない人」になることもありますが、睡眠を取ったり、自然の中で瞑想をすることによって、再度「頑張る人」になるように心がけています。

頑張れない人がクズではない理由②限界になった時に叶うから

頑張れない人がクズではない理由の2つ目は、「限界になった時に叶うから」です。

引き寄せの法則では、「強烈なイメージを継続して、行動に移して、がむしゃらに頑張って、疲れ果てて、リラックスした時に」引き寄せが起こる。

と言われています。

心も体も疲れて、頑張れない人は、今まで散々頑張って来た人です。 

その人にしか分からない悩み事もあるのかもしれません。

なぜなら、人はそれぞれに見ている世界が違うからです。

潜在意識が認識する世界の形は、皆バラバラです。

あなたと僕でも、見ている世界は違います。

だから抱える悩みも違って当然でしょう。

今まで散々頑張ってきて、もう「頑張れない、、」となった人は、その潜在意識を変化させ、引き寄せの法則を発動させようとしている人になります。

もしあなたが今「頑張りまくったけど、、もう無理だわ、、」と思っているのであれば、そこは今「チャンス」です!

今まで散々頑張ってきたパワーは、この後どこかのタイミングで間違いなくあなたの潜在意識を突き動かすでしょう。

ということで、今チャンスをつかみかけている、「もう頑張れない人」はクズではありません。

むしろ、凄い人の部類に入ります。

頑張れない人がクズではない理由③ 最低まで落ちたら上がるしかないから

頑張れない人がクズではない理由の3つ目は、最低まで落ちたら上がるしかないからです。

頑張れない人は今、心も体も疲れ果てて、「人生で最低のところにいる」のでしょう。

だから、気力も湧かずに頑張れない。人生どん底の状態です。

ハッキリ言いましょう。

人生がどん底の状態で諦めることほど勿体ない事はありません

物事というのは、必ず上昇と下降を繰り返します。

永遠に価値が高まり続ける物は無く、永遠に価値が下がり続ける物もありません。

例えば、株やFXでも、永久的に値上がりをし続けることは無いのです。

上がった物はいつかは下がるし、落ちたものはいつかは上がります。

それが、資本主義の原理にもなっているのです。つまり、人の心理の原理原則です。

人生も「最低ライン」まで落ちた時こそ「ラッキー」と言えるでしょう。

頑張れない人は自分で頑張る必要が無いと思っている

後もう一つの見方もあります。

それは、頑張れない人が敢えて頑張っていない可能性もある。

ということです。つまりは、、、

自分には最高の価値があるから、無理に頑張る必要は無い

と、心の奥底から信じられているのです。 

ここまで自分の価値に気が付けられているのであれば、頑張れない人は、絶対にクズであるはずがありません。

間違いなく凄い人でしょう。

頑張りつくして、疲れ果てたら休む。そして、次の課題に取り組む。

これの繰り返しで人生は大丈夫なのです。

頑張れない人が自分の事をクズだと思う必要はどこにもないのです。

あなたがもし、自分の事をそうやって責めているのであれば、今すぐに辞めて、とにかく休むことに専念してみましょう。

それでOKです。

【引用元】https://www.choro0164-iyashibeya.site/entry/2020/07/04/073241

 

この記事見てると、めっちゃ励まされる…( ;∀;)

身に染みる…(@_@)

自分なりに今まで頑張ってきたのに結局報われることないし、またこれか…もうこりごりだよ((+_+))

と、生きる気力を失っていました。

前職辞めた時よりも精神がバカみたいに酷い状態なので、こういう記事本当にありがたいですね(>_<)

執筆者のちょろさんに感謝です(*^^*)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です