【ゲーム】台湾Rayark社「Cytus(サイタス)」の魅力【音楽】

どうも、就労移行支援を受けているMです。

最近、変わり種の音ゲーが増えてきていますね!

まさに音ゲー戦国時代!

皆さんは音ゲーは好きでしょうか?

数ある音ゲーの中でストーリーがある音ゲーの先駆けとなった台湾発の音ゲーがあるんです。

 

 

Cytus(サイタス)

台湾のゲームソフト開発会社Rayarkが開発・発売した音楽ゲーム。

2012年1月7日にiOS版が配信開始され、その後、同年4月4日にはAndroid版が、2013年1月4日にはauスマートパス版が配信された。

2011年9月に設立されたRayarkの初リリース作品。SF的な世界観の中で硬派な物語が展開される。

作品の構想はRayarkの創設者でもあるプロデューサーのMing Yang(ミン・ヤン)によるもので、ゲームのプロトタイプはおよそ2週間で制作された。

App Storeの説明文によれば、Cytusは日本・オランダ・台湾・韓国・タイ・香港・マカオ・中国・シンガポールのApp Storeにて1位を獲得した。

2018年1月17日には、本作の続編となる『Cytus II』のiOS版がリリースされた。

ストーリー

遠い未来。人類に代わってロボットが世界の中心を担うようになった世界。

人類は決して滅亡したわけではなかったものの、その機能はほとんど失ってしまった。

ロボットは、かつての人間たちの魂の名残なのである。

人間がロボットに記憶を転送させるプログラムを作ったことによって、彼らは人間の記憶や感情を知ることができたのだった。

しかし、記憶を保存できる場所は限られており、新しい記憶が入れば古い記憶はいずれ消えていってしまう。

そこで、ロボットたちは人間の感情を音楽に変換し、Cytusという場所に保管することにした。

そうすることで、彼らは人間の魂の存在を確認し、彼ら自身が本当の魂を持つことができる日を夢見ているのだ。

このゲームでプレイできる楽曲は、すべて「Cytus」に保存されているものという設定である。

【引用元】https://ja.wikipedia.org/wiki/Cytus

 

 

cyTus II

2012年にリリースされた同社の音楽ゲーム「Cytus」の正式な続編となる作品。

2015年12月に、初めてのティザームービーが公開された。

それ以来長らく情報が途絶えていたが、2017年12月に台北で開催されたイベント「Rayarkカーニバル – RayarkCon 2017」にて、2018年1月にリリースすることを発表し、同年12月に公式サイトをオープン、2018年1月18日にiOS版を配信し、同年3月8日にはAndroid版をVer.1.1としてリリースした。

以後もアップデートが続けられ、ストーリーや楽曲、キャラクターが追加されている。Ver3.0にて一部キャラクターに声優が追加された。

Ver3.7現在のプレイアブルキャラクターは21人(無料8人)。

Ver3.2現在の楽曲数は308曲(無料92曲)、譜面数は940譜面(無料276譜面)である。

ストーリー

遠い未来。ネットワーク通信と仮想現実の技術が発展し、人々の生活には現実世界とは別のバーチャル世界が浸透している。

人々は耳の後ろに装着されたデバイスで簡単にバーチャル世界にログインできるようになった。

その中でも、世界最大のバーチャル空間として存在しているのがテクノロジー企業「A.R.C.」が開発した「cyTus」である。

cyTusは人間の神経に直接接続をするため、現実と同じ五感を得ることができる、画期的な技術を利用していた。

そんなcyTusで一際大きな人気を集めているアーティストがいた。その名はÆsir

だが、その正体は謎のまま。世界的な人気があるにもかかわらず、表舞台には一度も姿を現したことがなかった。

ある日、Æsirが主催となるフェス「Æsir-FEST」の開催が発表された。

待ちに待っていた本人が登場するという話に、cyTusのユーザーたちは歓喜した。

しかし、フェス終了後の観客たちの反応はさまざまであった。

観客全員が、フェスに関しての明確な記憶がなかったのである。SNS「iM」上では、フェスやÆsirに関して議論が繰り広げられていたが、明確な結論は出ないままだった。

物語はこの状況下、大人気歌手のPAFF、人気実況者のNEKO#ΦωΦ、ロボットのROBO_Head、A.R.C.で働くギタリストXenon、古代楽器の演奏家ConneR、新生バンドのボーカルCherry、バーを営む元ベーシストJOE、ROBO_Headの製作者Nora、全ての真実を知る存在Ivy、”外”の世界の探査隊の隊長Sager、Sagerの部下の謎多き研究員Rin、SagerとRinのペットであるBo Bo、Xenonが「チップの世界」で出会った不思議な少女Alice、ピアノの名手Hans、世界の中心となる機能を持つ存在Vanessaの14人と1匹を中心として進んでいく。さらに、コラボレーションチャプターとして、バーチャルアイドルのMiku、バーチャルYouTuberのKizuna AIも外伝的にストーリーに関与する。

【引用元】https://ja.wikipedia.org/wiki/Cytus_II

 

 

 

Cytusに収録されてるアーティストは、DJ Myosuke、Noizenecio、Team Grimore、Laur、Cranky、ICE、3R2といった同人界隈やハードコア界隈で活躍するアーティストさん方。

同人音楽を知っている方なら一度は目にしたことあるアーティストさんがいるだろう。

楽曲の良さだけでなく、ストーリーの重厚さ、作りこまれた世界観も魅力の一つ。

音楽好きな方は是非一度はCytusの世界観に触れてみてはどうだろうか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です