【エナベルの音楽室】「おさかな地獄」ゴールデンボンバー

エナベル水戸駅南で就労移行支援を受けているKです。
お刺身とビールが美味しい季節ですね。

今日のエナベルの音楽室はゴールデンボンバーの「おさかな地獄」。
何年か前に話題になった、今でもスーパーなどでもたまに流れる、「おさかな天国」のアンサーソングです。

おさかな天国に「魚がぼくらを待っている」という歌詞があるのですが、おさかな地獄では「魚は僕らを待ってない」とばっさり。確かに、魚だって食べられたくて生きてるわけじゃないしなあ…

そして曲調やMVの感じが90年代のビジュアル系バンド感満載でそんな歌詞を歌っているので、けっこうツボにはまりました。

なんか曲調はLUNA SEAとか、歌詞の感じは打首獄門同好会に近いものを感じる…わりとそんな感じのロックが好きな人はつぼにはまるかもしれないです←

 

※ちなみにこちらが「おさかな天国」。聞き比べると全然雰囲気が違います。N〇Kの子供向け番組のようなノリの曲です。でも魚という歌詞がとても多いのです。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です