【アルコール依存】酒に義務感を感じたら危険信号

こんにちは、エナベルで就労支援を受けているOです。

断酒は依然と続いております。

今日はアル中特有の考え方について解説します。

部屋や家に酒が置いてあるとしましょう。

こういうとき、ただ平然と酒があるなと思うだけ、あるいはそんな事さえ忘れているというのが自然です。

しかし、アル中は義務感のように「酒があるのにもったいない」と考えます。

本当にこれは強迫観念のようなもので「手に届くところに自分が飲んでもいい酒があるのに飲まないのはもったいない」と考えてしまうのがアルコール依存症です。

ですから、家に余った酒やビールがあったりしたとき、たいして飲みたいわけでもないのに「あ、酒が残っているから飲まないともったいないな」と感じたら、アルコール依存症に一歩近づいていると思った方がいいでしょう。

本当にアルコール依存症は、「そこに酒があるなら飲まなければならない」という義務感のようなものを持っています。

だから、アルコール依存は一人ではなかなか治せないものなんですよね。

酷いアル中になると、家にある酒は他人のものであろうと自分が飲まなければならないとさえ考えたりします。

これは本当にありますので、アルコールがあったら飲まなければもったいないという気分になったら、アルコール依存に気をつけてください。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です