「ドラゴンを飼いたい」米企業が骨肉腫の少女の願いを実現【動画有】

「難病と闘っている子どもたちの夢をかなえる」という活動をしている世界的なボランティア団体「メイク・ア・ウィッシュ」。
米コロラド州の支部が、ある少女の“非現実的”な願いをかなえて話題になっている。

同州に住むベル・クレスさん(14)は「骨肉腫」にかかり、これまでに数回の手術と10カ月の苦しい化学療法を受け、現在、寛解している。
そんな彼女の願いは「ドラゴンを育てて飼い慣らすドラゴンマスターになること」。

いくら「メイク・ア・ウィッシュ」でもこれは……と思うが、同州のハイテク企業アロー・エレクトロニクス社の協力を得て、ドラゴンのAIロボットを作ってしまった!

(中略)

アロー社のプロジェクト責任者、ビクトリア・ピーさんは「なぜ、たった1人の子どもためにドラゴンのロボットを作ったか?

たった1人の子どものためだからです。彼女に幸せになってほしかったんです。

1体のロボットドラゴンが彼女を幸せにするのなら『作ろうよ!』という感じでした」

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/287937 日刊ゲンダイから引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギのTです。

難病の女の子1人のために夢を見せてくれた企業。

なんとも素敵なお話です。

本物のドラゴンは無理だけど、AIのドラゴンなら作れちゃう。

私もドラゴンというか竜に憧れがあるので、羨ましい話です。

スマホのゲームかな??名前は忘れてしまいましたが、ドラゴンを育ててることができるゲームがありました。

モンスター全般だったら、ポケモンとかもそうですね。確かポケモンにもドラゴン族が居たはずです。

ゲームだとどうしても育成はバトルして育てるって感じになってしまいます。

純粋にドラゴンを育成して飼いならしてペットのように遊ぶ…なんてことはゲームの世界ではないような。

私が無知な所為かもしれませんが。。

私も飼いならしてみたいなあドラゴン。和風の竜でも、西洋風のドラゴンでもいいです。

 

そうそう、最近始まったアニメ、「ドラゴン、家を買う。」が面白いんですよ。

ドラゴンなんだけど、臆病でステータスも最弱?で、泣いてばかりのドラゴン。

親から勘当されて一匹彷徨ってたところを魔王に拾われる…というアニメです。

なんかそんなドラゴンなら飼ってみたいと思ってしまうウサギのTです。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です