「アイドルは心の栄養」 精神科医が熱く語る、コロナ禍におけるアイドルの尊さとは?

ついつい気分が落ち込みがちになるコロナ禍の日々。画面の向こうで輝くアイドルたちを見て、元気をもらっているという方は多いのではないでしょうか?

「アイドルって職業、本気で有難いし尊い

この言葉をTwitterに投稿したのは、学生時代に日テレジェニックやシューイチガールズに就任し、芸能活動の経験を持つ医師の木村好珠さん(@konomikimura)。

精神科外来で働く木村さんは多くの患者さんを診察する中で、コロナ禍においてアイドルが社会に与えている元気や活力の大きさを実感したといいます。

このツイートを見たSNSユーザーたちからは、

「推しのこと考えるだけで、笑顔になる。免疫力上がってると思う。」
「推しの力は偉大。アイドルに限らず推し活できる環境大事。」
「キラキラしてる推しの姿見てるだけで心が軽くなったり楽しくなったり幸せになったりするもんね。」

など、共感のコメントが多数寄せられています。

コロナ禍におけるアイドルの尊さとはどのようなものなのでしょうか。木村さんに直接お話を伺いました。

 

青島ほなみ(以下「青島」):精神科医として働かれている中で、アイドルの力を実感したエピソードを教えてください。

木村好珠(以下「木村」):精神科の患者さんからは「アイドルのライブが楽しみだから、頑張れている」といった話をよく聞くんです。
「かっこいい」「歌が素敵」などはもちろんですが、「アイドルの生き方や考え方に共感した」「生きる気力をもらった」といった話を聞いて、内面的な部分にも影響を与えているんだなと実感しています。

青島:「アイドルって職業、本気で有難い」と投稿されていますが、そのように感じるのはなぜなのでしょうか?

木村:うつ病・不安障害などの病気は、医療でもまだまだ未解明な部分が多く、治るのが難しい方もいらっしゃるんです。
そんな中、私たち医師が薬や診察でまかなえないものをアイドルがまかなって、患者さんの栄養になってくれていると感じています。

青島:ご投稿に対し「アニメやスポーツでも同じように元気をもらっている」という声もありましたが、今回特にアイドルについて言及された訳をお聞かせください。

木村:患者さんには「趣味を持ってください」と普段から話しているのですが、その中でもアイドルは特におすすめできる趣味なんです。
SNSでファンアカウントを作って仲間ができたり、ライブ現場で友達と交流したり、「推し」という共通の話題があることで、口下手でもコミュニケーションを取りやすいんですよね。
また、目標に向かって努力しているアイドルの姿を見て自らも積極的になれるなど、メリットは沢山あると思います。

青島:木村さんは1人にしぼらず何人か好きなアイドルを作るよう、応援の仕方についても言及されています。この意味について詳しくお聞かせください。

木村:アイドルには卒業やスキャンダルがあるので、一人だけに熱中していると何かあった時、心がボロボロになってしまう人がいるんです。
なので、「箱推し(グループ全員を推すこと)」するなど興味を分散させることが大事だと思っています。
もちろんアイドルだけでなく、歌手でもスポーツ選手でも、色んなことに興味を持っておくと安心です。

私は芸能の仕事を通じてアイドルと交流することがあり、アイドル自身の様々な悩みを耳にすることがありました。
例えば「他にも推しがいる」とファンに言われたことで、本当に傷ついてしまうアイドルもいるはずなんです。
個人的には、推しが沢山いてもいいけど本人には隠してあげてほしい、と思っています。
アイドルもファンも支え合っている関係なので、お互いのメンタルの為にも意識してみてくださいね。

https://maidonanews.jp/article/14343330 まいどなニュースから引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギのTです。

私もアイドルに夢中になったことがあります。今も好きな役者さんとか居ますし。それより二次元キャラ推し、ゆるキャラ推しですが(汗)

「アイドルって職業、本気で有難いし尊い」

アイドルに限らず、「推し」の存在は尊いです。

「アイドルは特におすすめできる趣味なんです。
SNSでファンアカウントを作って仲間ができたり、ライブ現場で友達と交流したり、「推し」という共通の話題があることで、口下手でもコミュニケーションを取りやすいんですよね。
また、目標に向かって努力しているアイドルの姿を見て自らも積極的になれるなど、メリットは沢山あると思います。」

確かに今のアイドルって昔のアイドルと違って、Twitter等SNSでファンだけで盛り上がれたりライブ現場で友達と交流っていうのはありますね。

目標に向かって努力しているアイドルの姿を見て、自分も積極的になれる…。うーん。これはアイドルだけなのかな?

二次元だと、また違ってくる気がして…。でも頑張ってる二次元キャラは応援したくなりますよ!

…と、無理矢理二次元に持って行こうとする私…(汗)三次元の人も好きですが、圧倒的に二次元キャラ、ゆるキャラ推しが強いので(滝汗)

アイドルは三次元で実際生きている方々なので、色々なスキャンダルにまみれることありますね。スキャンダルではなくても結婚とかで引退とか。

だから箱推しを…とこの精神科医さんは語っています。

二次元はそんなことないので安定です。ええ、多分。多分ですが。

推し活はどんな対象でも楽しいです。

アイドル推しがいいよーとこの精神科医さんが言っても、私は二次元かゆるキャラだ!って言い切ってしまいそうで怖い。

アイドルは通ってきた道だなあ…と…( = =) トオイメ目で見る感じです。

推しが居る生活はいいですね。それだけは本当に思います。激しく共感します。

「うつ病・不安障害などの病気は、医療でもまだまだ未解明な部分が多く、治るのが難しい方もいらっしゃるんです。
そんな中、私たち医師が薬や診察でまかなえないものをアイドルがまかなって、患者さんの栄養になってくれていると感じています。」

確かに推しがまかなって、心の栄養にはなっていますね。

私はうつと不安障害を患ってますが、全然治る見込みはないですね。ずっと薬飲んでなきゃならないのかな…と、ふと思います。

そんなうつうつとした気分を推しが変えてくれます。有難いです、尊いです、推し。

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です