【茨城水戸情報】ご当地ヒーロー・イバライガー、まさかのピンチ!?

どうも、就労移行支援を受けているMです。

エナベルの床がワックスかけ過ぎの影響で、ツルツル滑りやすくなってます(^^;

階段降りる時怖いし、エナベルの猫さんのギャグセンスも滑りまくりですよ(ΦωΦ)普段から滑りまくってるけど

なんとかならんのかヽ(`Д´)ノプンプン

ご当地ヒーローのイバライガー「窮地」、スポンサー撤退し資金枯渇 水戸などで街頭募金へ

窮地のヒーローを皆で救って-。

茨城のご当地ヒーロー「イバライガー」の運営団体「茨城元気計画」(卯都木睦代表)は17~23日の4日間、水戸市など茨城県内3市で活動資金の援助を求める街頭募金活動を行う。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で興行が行えず、主要スポンサーが8月末で撤退。

資金が枯渇して10月までの活動が行えないとし、関係者は「今こそ力を貸してほしい」と訴えている。
イバライガーは2007年から活動を開始。平日は幼稚園での防犯講話、地域の見守り活動に取り組み、週末はショーイベントに出演するなど、年間約250日活動。

コロナ禍前は企業のスポンサー料や興業収入で、年間約3千万円の活動資金があったという。
だが、新型コロナウイルスの影響で20年2月以降は活動できず、興業収入は2年半間で9割減少。

さらにスポンサー料の半分を占めた地元企業が、燃料費高騰などを理由に契約解除を申し出たことから、資金繰りが一気に悪化した。

(中略)

寄付金は移動費や人件費、衣装の修繕代などに当てる。11月以降は多くの出演予定があり、資金は確保できる見通し。

卯都木代表は「イバライガーとして、これからも茨城の役に立っていきたい。県民の温かな支援をお願いしたい」と呼びかけた。

【引用元】https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=16631530263270【茨城新聞クロスアイ】

 

Googleのローカルニュース一覧を見た時、これが視界に入って驚きましたΣ(゚Д゚)

イバライガーは日常的に目にしていたので、まさか、活動ピンチの日が来てしまうとは…(´・ω・`)

当たり前の日常がどこで壊れるか今の時代分からないですよね(;´・ω・)💦

街頭募金どこでやるんだろ…

もしも、水戸駅でやるのなら私は寄付に行こうかなと思っています。

皆さんも是非、ご当地ヒーロー・イバライガーに力を貸しましょう!!( ´∀`)bグッ!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です