【茨城水戸情報】水戸市、21年の成人式はケーズスタで開催へ 感染防止、屋外に

水戸市は14日、新型コロナウイルス感染防止のため、来年の成人式をケーズデンキスタジアム水戸(同市小吹町)で開き、屋内から屋外開催に変更することを明らかにした。今年はアダストリアみとアリーナ(同市緑町)で開かれ、約2千人の新成人が参加した。

(中略)

志田教育長は、来年の式典を「成人の日」前日の1月10日に開くとした上で、同スタジアムでの開催を明言。

「密接、密集を避けるため十分に間隔を取った着席方式に変え、内容の見直しも検討する」などと答えた。

同スタジアムのメインスタンド客席数は約7千席。式典に約2千人が集まることを想定している。

また、志田教育長は18歳を成人とする改正民法が2022年4月に施行された後も、成人式の対象年齢をこれまでと同じ20歳とする方針を明らかにした。

https://this.kiji.is/678425444285760609 茨城新聞クロスアイから引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギのTです。

新型コロナウイルス感染防止のため、来年の成人式はケーズデンキスタジアムで…と。

密接・密集を避けるために屋外になってしまったんですね。

いつ新型コロナウイルスの流行が収束するかわかりませんからね…。

観客数は7千人ですから、式典に集まる人数を考えれば全然問題なさそうですし。

初の屋外開催。時期が時期だから仕方ないですね…。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です