【茨城水戸情報】「何ガンつけてんだ」 水戸駅南口で連続路上強盗、顔殴り現金や財布奪う 水戸署、複数の男追う

12日午後11時50分ごろ、水戸市宮町1丁目のJR水戸駅南口ペデストリアンデッキで、友人と2人で歩いていた常陸太田市、会社員、男性(18)が男4人に因縁をつけられ、顔面を平手で殴られた上、財布から8千円を奪われた。

この5分後、同所を同僚と2人で歩いていた大阪府堺市、会社員、男性(26)が、男2人に「何ガンつけてんだ」と因縁をつけられて顔面を殴られ、現金約2万2千円やクレジットカードが入った財布を奪われた。

水戸署は連続路上強盗事件として犯人の行方を追うとともに、両事件の関連を調べている。

同署によると、常陸太田市の男性は4人組について、いずれも17〜18歳くらいと説明。堺市の男性は2人組を20代前半だったと説明。

https://this.kiji.is/688617708810077281 茨城新聞クロスアイから引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギのTです。

よくある事件なのですが…水戸駅南口の口ペデストリアンデッキで起こった事件ってことでちょっと怖いなと。

午後11時50分という時間ですから、ほぼ南口辺りに私はいることないんですけど…

いつも通ってる場所でこんな路上強盗があったなんて。怖いです。

水戸の南口は治安悪いのかな…?

エナベル来るには南口周辺は歩かなきゃいけないので、どうしても恐怖を感じてしまいますね。

早く犯人逮捕お願いしたいです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です