【アルコール依存】アル中はうそつき

こんにちは、エナベルで就労支援を受けているOです。

相変わらず断酒が続いております。

アルコール依存についての文献やらサイトやら調べてみるとと必ず出てくるのが「アルコール依存症は否認の病気である」ということなんですね。

これはどういう事かわかりやすく言ってしまうと、「アル中は自分がアル中だと認めない」という事です。

かなり重度の依存症で毎日のように酒を飲んでいて肝臓の方も肝硬変になりかけていたり、ひとに迷惑をかけるような行動をとるようになっていても、「アル中は自分がアル中であることを認めない」わけです。

そして、もう一つ重要なのが「アル中は酒を呑むためならどんなウソでもつく」という事です。

これは私にもかなり当てはまりました。

「もう酒は飲まない」と言っても、隠れて飲んでいたりしますし、口臭や体臭などの証拠を隠滅してしまえばバレはしまいと飲んでしまうのですね。

それで「飲んでいない」と主張するわけです。

とにかく、アル中は自分をアル中だと認めませんし、アル中はどんなウソをついてでも酒を飲もうとします。

これは本当にどうしようもありません。

他人にはどうしようもないです。

いくら説得しても否認しますし、ウソをつきます。

アルコール依存症は、自分がどうにもならないアル中だと認めて、アルコールに対して正直になるしかないんですよ。

ですから、周囲にアルコール依存症めいた人をみかけたら、酒をやめさせようとしない方が良いです。はっきり言って、逆効果になることの方が多いです。

「お前はアル中だ」と言われると、「俺はアル中なんかじゃない、ほらこんなに飲んでも俺は平気だ」って逆に意地張って酒を飲んでしまうのがアルコール依存症という病気です。

節酒なんかも無理です。一度飲んでしまったら抑制が利かなくなるのがアルコール依存症の特徴ですし、アルコールというのはそういう抑制をとってしまう働きのある飲み物ですから。

ですから、本人がもう自分はどうにもならないアル中だと認めて、病院に行ったり施設に行ったりするようになるまでほっとくしかありません。

すげー迷惑な話なんですが、そういう病気です。

アルコール依存症の知人がいたり、彼に忠告するよりも、放って置いて迷惑がかからないように離れるしかないというのがアルコール依存症の、ある意味一番やっかいなところかもしれません。

これが家族や配偶者だったりしたら、たまったもんじゃありませんものね……。

アル中を助けようなどと思わすぜ、もうできるだけ被害を被らないように離れていくしかないのです。

そうして自分がどうにもならなくなってから、ようやく治療を始められるというのがアルコール依存症なのでした。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です